なぜ東南・東アジアの日系企業に PandaTest が求められているのか

組織の中で活躍できる人材を見極める

従来見落とされていた「組織の中で活躍できるか」を見極める点がPandatest最大の価値です。
自己評価が高過ぎたり、上司の指示を聞けない人材などがわかります。
いくら個人スキルがあっても、組織全体の生産性やチームワークを落とす人間は採用すべきではなく、この点は面接時に見抜くのが困難で、2-3ヶ月後に問題が発生します

組織の中で活躍できる人材を見極める

無駄なコストの削減

入社後6ヶ月以内の退職は25%程度(4人に1人)、1人の従業員が退職することで、その従業員の月収の5.6倍のコストがかかると言われています。Pandatestはそんな候補者の6ヶ月以内の退職を50%削減します。

無駄なコストの削減

組織のパフォーマンス向上

サッカーチームがスーパースター11人を集めれば成功するとは限らないのと同じように、企業でも、優秀なだけでなく組織に合った人材、組織に合わせることができる人材を選出することが重要です。PandaTestには、候補者の組織内での行動特性を判断する7つの評価項目が含まれているため、組織を強化する人材という観点から選考を進めることが可能です。

組織のパフォーマンス向上

バイアスを排除したスクリーニング

PandaTestは候補者のスキルや人柄を多面的に評価し、100点満点の明確なデータとして提供します。そのため、候補者の評価に関して、組織内で主観に基づいた意見で議論のみならず、データに基づいた客観的な議論が可能となります。

バイアスを排除したスクリーニング

面接判断に活かしやすい結果レポート

100点満点で候補者の能力の良し悪しをスコア化。具体的なにどのような意思決定をすべきかまで提示することで、詳細な履歴書が1つ増えたような状態で面接が可能に。

面接判断に活かしやすい結果レポート

データを活かした人材育成

テスト結果から候補者の長所・短所を可視化することで、各候補者に適した研修内容やスケジュールを用意しやすくなり、効率的に人材育成ができます。

データを活かした人材育成

PandaTestの評価項目

1 職種別重要評価スコア

各職種によって求められる能力は異なります。
Pandatestでは営業やITなど、各職種ごとに求められる基礎筋力を測ることができます。
また、各企業ごとに異なる職種の内容を学習・カスタマイズし、最適な評価項目を用いてレポートを作成することも可能です。

2 組織内での行動特性

組織内における候補者の行動特性を把握することで、様々な社員や部門と連携する能力の有無を見極めることができます。この能力が無いことで、チーム全体の生産性を落としたり、本人も自身の能力を発揮しづらくなります。

3 ストレス耐性

Pandatest は、候補者のストレスに影響を与えるさまざまな側面を測定し、企業が離職のリスクを最小限に抑えながら、新入社員が潜在能力を最大限に発揮できる最も快適な環境を作り出すことに役立ちます。

すでに4,000人以上 がPandaTestを受験しています
+
4000
Candidates

Q&A

日本語、英語、台湾語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、中国語、韓国語、ビルマ語がございます

弊社も従来の性格検査にそう感じており、実際に意思決定に活用できる適性検査を作りたいと思い開発しました

専門担当が丁寧にスコアの解説MTGを実施し、サポートさせて頂いております

東南・東アジアの労働習慣を加味して構築されたロジックに加え、自社のデータが貯まれば貯まるほど精度が増します

各国に日本語と現地語のバイリンガルな専門カスタマーサポートがおります